Loading...

治療についての詳細

<治療についての詳細>

FAQ(よくある質問)(日本語・中文한국어 )

漢方薬(特に生薬による煎じ薬での治療)を保険適用するには、何かと制約が多く、
実際の漢方治療(特に生薬による煎じ薬での治療)においては この保険という枠組みの中では決められた漢方薬しか使用できなくなっています。
また保険での制約で使用量自身にも縛りがあり、弁証論治に基づく適切な漢方治療が出来ないことも多々あります。

また、保険で認められている生薬でも、保険では安めの薬の値段に決められてしまうため、
この範囲ではより品質の高い生薬(産地や栽培方法、効果や安全性等に大きな差があります)を使用すると赤字になることが多く、
現実には当院で使用していた生薬の6~7割は赤字になってしまっていました。

生薬の品質を今まで通り維持して、尚且つ、保険に縛られない伝統医学的な漢方治療(生薬による煎じ薬での治療)を行いたいので
当分の間、全額自費診療にすることにしました。

尚、漢方エキス製剤による治療は今まで通り保険で治療できます
但し、同一患者さんに於いては、保険での決まりにより、
自費の煎じ薬と保険の漢方エキス製剤の併用は、今の所はできません。
(混合医療は解禁の方向ですが、詳しいことは決まっていませんので)

<<漢方湯液(煎じ薬)及び、漢方エキス製剤による治療が適するものは、以下の場合と言われています>>

  1. 西洋医学による治療が困難な場合
    • 患者さんの症状(疲れやすい、痛む、しびれる、熱がある、冷え症1日中ぼっとする)に対する明らかな原因が検査で判明しない方
    • 膠原病類縁疾患や自律神経失調症と診断したが、有用な治療法がない方
    • 進行癌で手術できないもの(自費診療のみ)
  2. 西洋医学で有効な治療法が確立されていない場合
    • リウマチで変形が始まって日が浅く、進行を止めたい方
    • 乾癬や天疱瘡で西洋薬での治療が困難な方
    • アトピ―性皮膚炎でステロイド剤からの離脱が困難な方、あるいは、最初から使わずに1年以内に完治したい方
    • 喘息でステロイド剤の定期吸入を止めても発作がでないようになりたい方 あるいは、最初から使わずに数年以内に完治したい方
    • 潰瘍性大腸炎・クローン病や多発性筋炎・皮膚筋炎などでステロイド剤による反応が悪い方 あるいは、副作用が出ているのでできるだけ使いたくない方
    • アレルギー性鼻炎,副鼻腔炎で難治で困っている方
    • 胆石を手術をしないで治したい方
    • 術後の癒着などにより、polysurgeryに陥る方
    • 保存期慢性腎不全患者さんの透析導入時期を遅らせたい方
    • 特発性血小板減少性紫斑病でステロイド剤で充分に効果が出ない方や、脾臓摘出術を受けても血小板が改善しない方
    • 進行癌の治療法が残されていない方。進行癌で抗癌剤の副作用で食べられない人や、できるだけ疼痛に麻薬を使用し 進行を遅らせたい方(自費診療のみ)
  3. 病気が複数の臓器に及ぶ場合
    • 高齢化とともに複数の病気を合併することが多くなり、ひいては内服薬が多くなり、薬害が心配される方 (軽症~中等症の高血圧,軽症糖尿病,胃潰瘍,十二指腸潰瘍では漢方のみでもコントロール可能です。) →漢方薬は複数の生薬で構成されているため、複数の病気でも少数の方剤で有用なことが多々あります。
  4. 妊娠中や妊娠の可能性がある場合
    • ある種の抗生物質・抗菌剤、抗炎症剤、ステロイド剤、向精神薬を併用できない方や、不妊や習慣性流産の治療を望む方 (自費のみです)や 妊娠中の経過を良くしたい方(場合によっては自費)
    • 不妊症の方(西洋医学を試したが効果がなかった方)
  5. 薬剤アレルギーや副作用のため継続服用ができない場合
    • 抗リウマチ薬による薬剤アレルギーや消炎鎮痛剤による胃腸障害が出現する方
  6. 東洋医学的治療を自分によりふさわしいと考えている場合
    • 冷え症、風邪をひきやすい、胃腸が弱い、ガン体質・一過性脳梗塞・狭心症などを改善したい方

<<リーズナブルに治療を希望される方には、煎じ薬に頼らずに漢方エキス剤のみで対応します。>>

  • 但し、どの疾患でも中等症以下の漢方エキス製剤での対応が可能な方が中心になります。
    つまり上記のほぼ全ての疾患、状態で漢方エキス製剤のみの治療は可能ですが、重症の場合は困難な時もありますので
    どちらが御希望か診察時にはっきりとお申し出ください。
    また、漢方エキス製剤のみの治療の場合、検査が必要な方も保険診療で対応します。

<漢方エキス顆粒製剤、その他西洋薬等の治療>

検査も含めて全て保険適用となりますので、保険証をご持参ください。


<煎じ薬(自費)の価格>

初診(自費の場合):3150円
再診(自費の場合):1050円(煎じ薬を持って帰る場合) 3150円(煎じ薬を持って帰らない場合)
煎じ薬:840円/日
癌治療用煎じ薬:1050円/回(材料が入手困難なため) (1日2回朝夕服用の場合2100円/日)
保険との併用は認められていませんので、 自費の方は、保険証は不要です。

その他の検査・治療(西洋薬・漢方エキス剤等)も自費になります。


<治療の到達点>

アトピ―性皮膚炎 発症してからあまり時間が経っていない場合は、すぐに完治します。
(思春期まで待たないと治ったかどうかわからないということはありません。)数ヶ月~1年で完治します。
成人型アトピーは、成人発症(比較的平易)と子供の時から継続している人(難治な場合もあり)とでは経過が全く違います。
診察時に御相談下さい。

治れば以後、全く治療を必要としません。
喘息 ステロイドの注射薬・内服薬の依存症以外なら、アトピー性皮膚炎よりも簡単に治る病気です。
完治も決して難しくありません。
リウマチ 関節の変形が全く無い、あるいは、あっても微妙な場合に来院していただくと、以後変形が殆ど進まないようにします。
最終目標は、投薬なしでも疼痛のない生活を送ることです。

原病 臓器障害が重くない状態で来院された場合は、進行を完全に阻止するようにします。
進行癌 QOLを維持しながら延命を図ります。西洋医学の抗癌剤の副作用の緩和に勤めます。
可能性は高くないかもしれませんが、治癒を目指します。