百合が丘クリニック

クリニックからのお知らせ

2018年05月05日

端午の節句


FMなばり(83.5Mhz)にて「百合が丘クリニック通信」放送中です!       当院院長が出演し、東洋医学に基づいた、健康にまつわる話をしております。       ON AIR:毎週金曜日15:50~(10分間)       再放送:水曜日8:20、土曜日18:20~、20:50~、日曜日12:50~、16:50~

漢方医お勧め薬膳!乾蒸蓮子

 

今日は5月にちなんだお話をしていきたいと思います。5月と言えば何を思い浮かべますか?

 

A:そうですね、ゴールデンウィークにこどもの日、梅雨前のさわやかで過ごしやすい季節といったところでしょうか?

 

先生:そうですね、今日はその中のこどもの日、端午の節句についてお話ししていきたいと思います。

 

A: ひな祭りは女の子で端午の節句は男の子のお祭りですね。兜を飾ったり、ちまきを食べたり、しょうぶ湯に入ったりする日ですね。

 

先生:はい、そうですね。私も子供の頃祖父母に貰った虎を床の間に飾っていました。私の息子の時も虎を飾ったように思います。しかし3月のひな祭りに比べれば質素な過ごし方だったように思います。

 

先生:はい、今でも中国の5大節句の一つで3連休になるようです。日本でも奈良時代から続く古い行事です。日本では、風習がまるでイベントの様になってしまっていますが、中国では、歴史をよく学んで大切に行っている事が良くわかります。私も仕事柄中国の方とよくご一緒しますが自分たちの国に誇りを持っている事が良くわかりますね。

 

A:こういった節句などをイベント化して楽しむだけでなく、その風習の歴史や由来を調べると、それぞれ深い意味があってより楽しめますし、日本の文化を大切に思うことができそうですね。ところで端午の節句とはどのようなものですか?

 

先生:はい、中国では楚の国王の側近に屈原(くつげん)という政治家がいて、その正義感と国を思う情は厚く人々の信望を集めていたのですが、その後陰謀に巻き込まれ失脚し川に身を投げてしまったそうです。川の魚が、屈原の遺体を食べないよう、小舟で太鼓を打って魚を脅し、ちまきを投げたそうです。この屈原を悼んだ風習が、ちまきを食べたり、ドラゴンレースの始まりと言われています。またこの急に暑くなるこの頃は、昔から病気に罹りやすいので、厄除け毒除けの意味を込めて大切にしている風習なのです。

 

A:あの派手で細長い船で、にぎやかにレースをしているのをテレビでみたことがありますが、そんな理由があったんですね。

 

先生:はい。日本では端午というのは元々は月の初めの午(うし)の日という事で5月に限ったものではありませんでした。しかし、うしの午(ご)と数字の5の音が同じなのでやがて55日を指すようになったという事です。55日に行うようになってからは、先ほどお話ししたように、季節の変わり目ですので体調を崩さないようにと薬草摘みや菖蒲を浸した酒を飲むといった風習もあったそうです。また米を竹などの植物の葉で包むのは防腐剤代わりにもなり、5月の食中毒などにも効果があったのではないでしょうか。

 

A:柏餅もこの時期によく食べますが、そういった思いも込められているんですね。

 

先生:そうですね。ヨモギや菖蒲も邪気を払うという事で、ちまきや、ヨモギ餅しょうぶを飾ったりお風呂にいれるのは、毒除け厄除けの気持ちのこもった風習なのです。

 

先生:そうですね。違う所も多いですが、同じ漢字を使っている事もあり似ている所も多いと思います。日本は地理的には、中国と海を隔てていて一歩離れたところから見ることができ、アメリカにはいちばん近いアジアという事で様々な事を吸収できると思います。

 

A:この季節は寒くもなく暑すぎることもなく、本当に過ごしやすい季節ですね。ゴールデンウィークもお出かけする人でいっぱいですね。季節の変わり目ということですが、この時期を東洋医学的にみるとどうなりますか?

 

先生:はい、太陽の光というのには、やはり人間の活動を盛んにする作用が有ります。しかし急に気温が上がって来るという事で、心臓に負担がかかる時期でもあります。また体内から水分が出ていきますので、水分補給も大切になってきます。また暑さは胃腸にとっては負担になります。胃腸に出来るだけ負担をかけない食事は大切です。心臓に熱を持つと血流が滞りやすいので、それを通す者も良いですね。

 

A:どんなものを食べればいいのですか?

 

先生:はい、味が淡泊なもので消化の良い物、脂っぽい物や肉類はあまり食べ過ぎないようにした方が良いですね。百合は水分補給と胃腸に良い食べ物です。豆類は心臓を補う作用もありますので特にお勧めです。豆腐は熱を冷まして水分補給にもなるので良いですよ。その他きゅうりやなす、玉ねぎなどもお勧めです。

 

A:さっぱりとしたものがいいんですね。薬膳のお話しを伺っていると、旬のものは、体に良いんだと実感しますね。最近は季節を問わず色々な食べ物が手に入りますが、皆さんも体の事を考えて食材選びをされてみてはいかがでしょうか?ところで、今日も薬膳を持って来て下さいました。豆のようなものが並んでいますが、なんですか?

 

先生:これは、蓮の実の砂糖蒸しです。

 

A:甘いおやつですね。美味しいです。おはぎの様な感じもします。どのような効能がありますか?

 

先生:蓮の実は気分を落ち着かせてくれて、下痢を止める作用があります。キンモクセイのジャムを使っていますが、キンモクセイには身体を温めて気を巡らす作用があります。小豆のあんは、解毒や水を除く作用があります。餅米は補中補気作用があり、体の弱った方に良いですね。全体では不眠、動悸、健忘症の方や体力の減退気味の方にお勧めです。おやつ代わりに食べて、リラックスしてみてはいかがでしょうか?

 

A:皆さんもレシピを見てぜひ作ってみてください。



百合が丘クリニック通信バックナンバー(2017年5月号)

 

 
 

診察時間のご案内

診察時間
9:00~12:30
8:00~12:00
16:30~20:00

◆土曜日の午前中が大変混雑する為
混雑状況により
一旦診察を中断させていただく場合があります。
診察日・診察受付時間が変更になることもありますので
随時ご確認ください。(受付終了は12時00分)

 
◆平成20年4月から保険制度が改定されたことにより
土曜日は診察時間が12時を過ぎると
時間外の料金が加算されます。

 
はじめて来られる方へ 
こちらの問診票は
ご来院いただいてから、院内でご記入いただいているものです。
※ご予約に変わるものではありません。
混み合う場合がありますので
あらかじめ、こちらの問診票を印刷していただき
記入してお持ち頂くことも出来ます。
ご記入いただいた内容を元にご質問させて頂くことがあります。
LinkIcon 問診表【一般用】 
LinkIcon 問診表【皮膚・アトピー用】 
 

 

休診日 
火・日曜日 祝日

 

 
◆学会等で急に予定が変更になる事があります。※事前にご確認をお願いします。