Loading...

Category: 糖尿病

糖尿病に対する漢方① -Vol.180より-

飽食の時代と言われるようになって随分、久しくなりました。
日本でも、糖尿病600万人時代とも言われるようになっています。
今回、糖尿病の漢方治療について、考えてみたいと思います。
糖尿病は、東洋医学では「消渇症」に相当します。

糖尿病に対する漢方② -Vol.180より-

今までの理論を踏まえた上、糖尿病を治すと予想外に効果的で、私自身、驚くほどです。
 次回は最近経験した患者さんについて何例か、著してみます。

糖尿病に対する漢方③ -Vol.180より-

今回から糖尿病の患者さんの例をいくつか著してみます。
Aさん:40才台。子供が2人共、アトピーが完治されてから一家中が漢方ファンになってもらった人です。奥さんの兄も医師ですがアトピーはステロイドで無いと症状も抑えられないのかなあと言っていたのが本当に治っていく様を、目の当たりにしてから・・・

糖尿病に対する漢方④ -Vol.180より-

脈を見ると、沈,弱、舌も紅舌無苔となっており、下肢は非常に冷えていました。
精血不足による腎陰虚から腎陽虚に及んで、四肢末端が温煦できない状態です。
消渇証の分類の中では、下消に属するパターンでした。

糖尿病に対する漢方⑤ -Vol.180より-

50才台女性で、糖尿病歴20~30年の患者さんです。

血糖降下剤を約20年服用していましたが
血糖のピーク値は300mg/dlを超え、不調でHbA1Cも11~12%になってしまい
インシュリン療法を開始されていました。