Loading...

Category: 病気のメカニズム・ステロイドの副作用

アレルギー性疾患について

春先から梅雨にかけて 喘息やアレルギー性鼻炎、アレルギー性の皮膚病がひどくなることがよくあります。 喘息にしても、新緑が目にしみ春の陽気が感…

アトピーの条件

生活環境中の様々な物質によって、あるいは全然原因が分からないままに身体が感作されていること。 人工的には作り出せない。 反応は非常に迅速ある…

アレルギー性鼻炎と漢方薬について

よくアレルギ-性鼻炎には
小青竜湯、麻黄附子細辛湯、葛根湯加川きゅう辛夷、荊芥連翹湯、辛夷清肺湯だというワンパターンの処方が目につきますが
本当にそれで よいのでしょうか?

ステロイドの副作用について① -Vol.417より-

よく言われるのは、「ステロイドを一度使うと止められなくなる、身体に蓄積する、皮膚の色が黒くなる」などのステロイド外用剤の副作用の、この情報はすべて間違った情報と言い切っています。これに対しては、皆さん如何思われるでしょうか。

好酸球性肺炎の70才の男性 -Vol.123より-

1度、ステロイドを大量に使用した症例は、治療するので難しいのですが
利水清肺補腎健脾の処方を組み合わせたところ
今のところ再発の兆しはありません。

本当に一生治らないのか?① -Vol.166より-

最近、当院に来院される成人病の患者さんの中で、まださほど重症になっていない段階にも関わらず、「もう一生治りません。」とか、「一生、薬でコントロールしておくしか方法がありません。」とか、「一生、この薬を使っていないと、死んでも責任は持ちませんよ。」とか、否定的な説明を受けて意気消沈されている患者さんも決して少なくありません。

ステロイドとうまく付き合うということについて -Vol.355より-

ステロイドについては、説明を聞いて迷っている患者様も多いと思います。
実際当院へ来られる患者様も今まで聞いていた話とは違うと戸惑う方が多くいらっしゃいます。
みなさんはステロイドの副作用について何をご存知でしょうか?
「うまく付き合う」とはどういう副作用を避けるというのでしょうか?

治療についての考え方

多くの日本の患者は元々衛気不足で汗孔のコントロールが悪いうえに (汗をかきやすいか、その反対に全く出にくい) 絶対にステロイド軟膏厳禁とまで…