Loading...

Category: 喘息

アレルギー性疾患について

春先から梅雨にかけて 喘息やアレルギー性鼻炎、アレルギー性の皮膚病がひどくなることがよくあります。 喘息にしても、新緑が目にしみ春の陽気が感…

喘息の漢方① -Vol.78より-

漢方では、私のように水はけの悪いのを水毒体質といいます。
この体質に何かの原因で、余分な水が肺にたまったのが、喘息発作と考えています。(中略)
発作が楽になってくると、たくさんの小便が出てきます。
肺にたまっていた水が、腎臓から排泄されるからです。
また、汗が出て楽になることもあります。

喘息の漢方② -Vol.78より-

喘息は水分代謝の異常な体質に関係がありますが
なぜ、うまく水分代謝が出来ないのでしょうか。
漢方でいうこの現象について
現代医学ではまだ研究されていないので、漢方の考え方を紹介しましょう。

喘息の漢方③ -Vol.78より-

いったん、喘息の発作がおこったら
肺の病変が主体ですから、脾や腎の薬ではまにあいません。
気管の痙攣をとる薬とか、痰をとる薬とか、炎症をとる薬とか
肺に効く薬を入れた処方を用います。

喘息の漢方④ -Vol.78より-

いったん、喘息の発作がおこったら
肺の病変が主体ですから、脾や腎の薬ではまにあいません。
気管の痙攣をとる薬とか、痰をとる薬とか、炎症をとる薬とか
肺に効く薬を入れた処方を用います。