Loading...

院長挨拶

 皆さん はじめまして。

当院は漢方を中心とした医療機関ですが、もちろん西洋医学の治療も行っています。

患者さんの希望をお聞きして
東洋医学・西洋医学のどちらかでの治療、または両方での治療を選ぶ事ができます。
各々の治療法についての治療経過や副作用についてできるだけ詳しく説明するように心がけています。

また、西洋医学では正しいと言われている治療でも、東洋医学から見てみれば疑問に思う事もあります。
そのような疑問にも、初診の患者さんにも分かりやすく説明するよう努力しています。

当院の一番得意としている治療はアレルギー性疾患です。
アトピ―性皮膚炎や喘息、アレルギー性鼻炎などの各種慢性疾患などです。
また膠原病などの免疫異常の病気も比較的得意としています。
その他、更年期障害、不妊症、慢性腰痛、手術のできない癌や転移した癌の治療も行っています。
これらの病は慢性的な経過をとって治りにくく、患者さんの苦痛は大変なものです。
しかしその苦痛をできるだけ取り除き、できれば完治を目指す治療を行っています。

実際、アレルギー性疾患の患者さんは完治された方が多く居られます。
乾癬、膠原病は完治している方は数割程度ですが、症状の出ないようにコントロールしている方は多く居られます。
他の治療成績と比べて貰えば分かっていただけると思いますが、10年経過した後をイメージしていただけたら分かると思います。
もちろんそれ以外の治療でも良くなっている方も中にはおられると思いますが、当院で治療した方は10年経てば、治っているか症状が軽くなっている方がほとんどです。

治療にあたって

1 )ご希望の方にはステロイド離脱療法を行います。
 ステロイドを使いたくないという要望を叶えながら治癒を目指していきます。

ステロイドを1年間、もしくは全く使用していない方には、本人・ご家族が希望されればステロイドを100%使いません。
大量にステロイドを使用していた方は、早い人で数カ月、遅くとも1年程度ステロイド離脱をした上で治療します。

患者さんもしくは患者さんの保護者が強くステロイドを希望される場合は、使用を許可しています。
プロトピックはステロイドではありませんが同様に分類されています。
これについても患者さんもしくは患者さんの保護者が強く希望される場合は、使用を許可しています。
又、現在ステロイド治療で満足されておられる方については、本人あるいは保護者が希望される場合は、その治療を継続することも可能です。

2) 各病気にはガイドラインが作成されています。
各種学会の標準治療を希望される方には、そのガイドラインに沿って治療を行います。
この場合西洋医学での治療が中心になります。

 皆さんも、自分の体質から病気が起こっているという事に目を向けていただき、その体質を改善する事で
病気を本当に治癒させるという願いを叶えてください。

百合が丘クリニック   院長:山中 章好

日本語
icon-arrow-circle-right English version is here